医療事務の最難関資格について

医療事務の資格は様々な団体が主催しており、その内容やレベルもバラバラなのが現状です。
簡単なものであれば、通信講座で3か月ほどで取得できてしまうものもあります。
しかし、その多種多様な中でも知名度が高く、医療機関での信頼度の高い、最難関の試験があります。
それは、診療報酬請求事務能力認定試験です。
これは、昨今のように医療事務資格が多様化する以前から実施していた資格です。
医療事務には国家試験がありませんので、実質上最難関となります。
難易度的には、現役の方でも3割程度しか合格できないぐらいです。
その分、その信頼度は高くなっています。
試験は、年に2回、7月と12月に実施され、学科試験、実技試験に分かれており、実技試験では、レセプトと呼ばれる医療費の計算シートを外来、入院の2種類作成することになります。
これから、取得を目指したい人はこれを取得していけば、総合病院等の大きな病院の医事課に入ることもできるので、ぜひチャレンジしてほしい試験です。

インターホン 交換
防犯対策万全のものに変えさせていただきます

京都でお見合い成功件数
2万件を誇るアムズブライダルです

羽生モータースクールhttp://www.motorschool.co.jp/

サンプルイメージ1

医療事務の資格取得について

医療事務は事務の中でも人気が高くなっています。
仕事内容ですが、病院でレセプトを作成したり、受

サンプルイメージ2

学校で医療事務の資格取得

今学校で医療事務の資格取得を目指して頑張っています。
まだ、将来どんな職業に就きたいというのは

業務の紹介と資格の勉強による知識とすぐにすべき行動の大切さ

医療事務とは、病院など、医療機関でする事務全般、具体的には、診療報酬明細書の作成をメインに、受付、会

Copyright© 医療事務 資格 All Rights Reserved.